大成株式会社

採用サイト

spmenu

人を知る人を知る

人を知る
MEMBER

キャリア採用

    市野憲文 2013年入社 総務部

  • 市野憲文 2013年入社
    総務部

    • 市野憲文

      Q.現在の仕事内容を教えてください。

      総務の業務は「会社と従業員の業務がスムーズに遂行できるようにすること」です。
      私の業務は、会社備品や建物・保養所の管理、社内行事の企画運営、防災防犯対策、社外広告、業務における事故の対応や保険会社との折衝を行っています。その他にも、ISO事務局や、本社社員クラブ(休憩室)の運営業務もしています。

    • Q.大成の魅力は何だと思いますか?

      長年培われたビルメンテナンスの経験と実績が最大の魅力です。それ以外にも、前例にとらわれず、新しいことにも耳を傾けてもらえる環境があり、新しいことに常にチャレンジができるところだと思います。

    • Q.今の仕事のやりがいを教えてください。

      総務課の仕事は、具体的な数字が出る業務が少ないので、営業成績のような客観的な「達成目標」がありません。私の目標は、社内から「変化があった。」「よくなった。」と言われることです。
      そのために、アンテナを広く張って、社内外の情報を整理し、改善を続けていくことにやりがいを感じています。

    • 市野憲文

      Q.転職してご自身で変わったと思うことを教えてください。

      新しい環境に早く慣れるために、積極的に新しい業務にかかわった結果「やるべきこと」の整理ができて、仕事に取り組む事に前向きになりました。過去を振り返ると「ぼんやりとした」毎日でしたが、今は「目的のある」毎日に変わった気がします。前向きになった分、新聞やビジネス誌も読む機会も増えたように思います。スキルを上げるためにという目標があるためか、資格試験にも積極的に取り組めている気がします。

    • Q.就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。

      就職にあたり、私は「10年後、20年後の自分をイメージできる仕事か」をポイントにしました。
      新卒の時は氷河期世代と言われた時代でしたので「就職できたらなんでもいい」という考えが大きく、先の事はあまり考えていませんでしたが、結婚して子供が生まれて「この先」を考えた結果、転職を決意しました。自分なりの大切なポイントを見つけると、視点を変えて就活ができるかもしれません。

    一覧に戻る▲

  • 濵田広樹 2002年入社 セキュリティカンパニー

  • 濵田広樹 2002年入社
    セキュリティカンパニー

    • 濵田広樹

      Q.現在の仕事内容を教えてください。

      施設を警備する業務の多くは、立哨や巡回などの人的警備と防犯カメラとモニターを利用した機械的警備を組み合わせて、施設の安全と安心を実現することが使命となります。大規模な施設となると20名を超える警備員を配置することもあります。
      私は、15物件の現場を担当しており、施設のオーナー様に警備計画や施設の安全確保について提案したり、現場の警備長とより安心して利用いただける空間の確保を検討する業務を行っています。

    • Q.大成の魅力は何だと思いますか?

      私は、現在は警備の部署で仕事をしていますが、その前はビルの統括管理の部署や清掃の部署の経験もしました。ビル管理の業務範囲はとても広くかつ奥が深いため、業務を極めようとすると最低10年は必要と言われています。
      当社には、ビル管理の全ての業務を高い次元で実現するノウハウと実績があります。ビル管理のプロフェッショナルを目指したい方には最高の環境だと思います。

    • Q.今の仕事のやりがいを教えてください。

      警備の仕事は、普段から目に見えて成果や結果が現れる業務ではありません。何事もない、安心できる環境作りが私たちにとって目指すところでもあります。そのため、何も発生しなければ、意識されることも少なく、未然防止や緊急時の対応について考えたり、見えないところで努力することも多くあります。事が起きた際に、「警備員さんがいてくれて助かった」「前もって準備してくれていたから対応が早かった」など、お客様から感謝の言葉を頂いた時には本当にうれしいですね。

    • 濵田広樹

      Q.仕事をしていく上で、必要なこと、気を付けていることを教えてください。

      「常にプラス アルファを目指す」ことを心がけています。お客様からの要望に100%応えることはもちろんですが、さらに10%でも良くするような提案をしたいと思っています。これはお客様への提案に限らず全ての業務においてもです。与えられた仕事に何らかの付加価値を付けて、少しでも良くしていくことを考えています。

    一覧に戻る▲

  • 大谷結城 2013年入社 営業カンパニー

  • 大谷結城 2013年入社
    営業カンパニー

    • 大谷結城

      Q.現在の仕事内容を教えてください。

      建築中の建物のオーナー様などに対して、ビルメンテナンスの提案営業を行っています。ビルや施設の規模や用途に応じてメンテナンスの内容も異なりますので、提案はオーダーメイドになります。ですからお客様のニーズを的確に捉えることが重要です。何度もお客様を訪問し、当社をアピールするというより、信頼関係を築いていきます。お客様も意識されていなかったニーズを引き出すことができた時には達成感があります。

    • Q.大成の魅力は何だと思いますか?

      人の温かみを感じることができることです。
      当社の業務は、様々な建物内で働く「人」によって支えられています。だからでしょうか、どの部署においても「人」を大切にする風潮があると強く感じています。私自身も、まわりの人に助けられ、温かい声を掛けていただきながら仕事をしています。上司、同僚の垣根なく温かみを感じることができる部分が魅力だと思います。

    • Q.今の仕事のやりがいを教えてください。

      街をつくる仕事に関わることができる点です。私の住む名古屋では、名古屋駅前に超高層ビルが相次いで新規オープンしています。街のシンボルにもなりえる新しい建物に建設前から深く関わり、お客様に維持管理の様々な提案をしていくという部分で、街を作っている一員としてのやりがいを感じますし、建物はもちろん、街へも愛着が湧きます。

    • 大谷結城

      Q.就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。

      その会社が自分に合っているかどうかは、仕事内容だけでは分かりません。会社の雰囲気、そこで働く人、様々な要因が重なってはじめて自分に合っているかがわかります。一つのことにこだわって就職活動をすることももちろん大事ですが、視野を広めて様々な会社の人事担当者と会って話をし、肌で感じる部分を大事にして自分に合った会社を見つけて下さい。
      素敵な会社に出会えることを願っております。

    • Q.今転職してご自身で変わったと思うことを教えてください。

      長いお付き合いのできる会社、相手との関わり方をよく考えるようになりました。ビルメンテナンスの営業は、一回で決まる即決営業とは異なり、長い時間の中でお客様とどのように関わるかが重要なポイントとなります。お客様に対しても、社内でも、短期的な視野ではなく、長期的な人との関わり方を考えて仕事に取り組むようになりました。

    一覧に戻る▲

  • 山田真理子 2015年入社 人事企画部

  • 山田真理子 2015年入社
    人事企画部

    • 山田真理子

      Q.現在の仕事内容を教えてください。

      人事企画部で人事制度の策定、採用活動や給与管理など人事全般の仕事をしています。現在は今年度改訂された人事制度の定着に向けた取組や、新卒・中途採用活動を行っています。採用活動では求人広告をWebサイトの募集媒体に掲載するための計画、原稿の作成、チェックなどからはじまり、応募の受付や選考、内定後のフォローや入社手続きなど様々な業務があります。

    • Q.今の仕事のやりがいを教えてください。

      人事制度の改訂に携わらせていただいたのですが、人事制度は何のために必要かと言う基本的な部分から、事務処理の手順や書式の作成など運用の細かな部分まで見直す作業に係わりました。
      また、トップから現場の従業員に至るまで様々な階層、職種の方と議論をし、試行錯誤を重ねつつ、一つ一つ課題を解決しながら構築していく手順を体験できました。人事業務の経験が少ない私にとっては大変でしたが、会社における人事業務の関わりの深さを再確認すると同時に、やりがいを感じました。

    • 山田真理子

      Q.就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。

      どの会社に就職するかは縁もありますが、大切なのはそこから自身が様々な事に興味を持ち、多くの人と出会い、積極的に経験を積むことだと思います。就職活動の先にある成長し続けるステージが大成にはあります。一緒に未来を切り拓く仲間を私たちは心よりお待ちしています。

    • Q.今転職してご自身で変わったと思うことを教えてください。

      ものの見方、考え方が以前より柔軟になったと思います。
      前職では定型的な業務が多く、自分発信で物事を考えて進めていくことが少なかったのですが、現在の業務では、まず自分で考えて行動することを要求されることが多くなりました。また、一つの案件に対していくつも仮説を立て、一つ一つ検討して進むべき方向性を見出す緻密さも必要です。そのため、物事を様々な角度から見ることと、自律的に考え行動することをいつも心がけています。

    一覧に戻る▲

PAGE TOP